2006年 12月 24日 ( 2 )

追記

<曲目>
*前半
 J.Sバッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV565(O)
 ヘンデル:つらい運命に涙はあふれ 「ジュリアス・シーザー」より(S.V.O)
 ヴィターリ:シャコンヌ ト長調(V.O)
 バッハ/グノー:アヴェ・マリア(S.O)
 カッチーニ:アヴェ・マリア(S.V.O)
 バッハ:アリア(V.O)
 シューベルト:アヴェ・マリア(S.O)
 モーツァルト:アレルヤ モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」より(S.V.O)

*後半
 J.Kクハシ:ファンタジア ト長調(O)
 ヴェルディ:アヴェ・マリア(S.O)
 パガニーニ:奇想曲 第16番 ト短調(V)
 マスカーニ:アヴェ・マリア(S.V.O)
 プッチーニ:私のお父さん オペラ「ジャンニ・スキッキ」より(S.O)
 ドヴォルザーク:《ユモレスク》(V.O)

 世界のクリスマスキャロル(S.V.O)
  《神の御子は今宵しも》《きよしこの夜》《荒野の果てに》《ホワイト・クリスマス》
  《オー・ホーリー・ナイト》《パラ・ベレン・カミーナ》

 O:オルガン ズザナ・ニェメチュコヴァー
 S:ソプラノ マルケータ・ハリー・ソヴィ=ベヒニョヴァー
 V:ヴァイオリン ヤン・ヴァルタ
[PR]
by blue-umiusagi | 2006-12-24 23:48 | イベント雑感

クリスマス オルガンコンサート

c0020452_236529.jpg

去年、一緒に小田和正のコンサートに行ったIさん(同業者&同い年)を誘って。でもって、コンサートのあとはママンテラスでクリスマスディナー。

17時開演なので、16時JR京橋駅で待ち合わせ。
待ち合わせ時間ギリギリまで、私は捨て捨て。Iさんは、スポーツジムに1時間ほど行っていたそうだ(元気だ)。

京橋駅から会場のいずみホールまで歩く。
大阪城ホールの近くなのだが、途中大阪城ホールに向かう人たち(女子ばっかり)に出合った。
 「城ホールでコンサートがあるね」
 「うん」
 「誰やろ?」
 「あんまりキャピキャピ(死語)した集団じゃないから、ジャニーズじゃあないと思うよ。
 うちわ持ってないし」
 「え~、誰なんやろ?」
 「こんな時期(クリスマス)に城ホールでコンサートするんやから、そこそこ名の知れた人なんちゃう?」
 「いや~ん、めっちゃ気になる~」

という会話をしながら、歩いているとすぐ会場に着いた。開場時間まで間があるため、近くのコンビニで時間をつぶすことにした(このとき立ち読みしたのは“Dr.コトー診療所”)。

いずみホールは初めて。クラシックコンサートも初めて。密かにドキドキしてきた。
座り心地のよい椅子。正面にはパイプオルガン。ホールの中全体が木目調なので、優しい感じがした。シャンデリアも豪華。


1曲目は“トッカータとフーガ ニ短調”。聞いたことのある冒頭の旋律。パイプオルガンの迫力に圧倒された。
2曲目は“つらい運命に涙はあふれ 「ジュリアス・シーザー」より”。オルガンとヴァイオリン、そしてソプラノ。
個々の音(声)はきれいだが、それぞれが調和しても心地よいうつくしさがある(ちょっと意味不明?)。
気持ちよさに、途中意識が飛びそうになった。

前半8曲が終ったところで、15分の休憩。
後半ソプラノ歌手のマルケータ・ハリー・ソヴィ=ベヒニョヴァー嬢は、白いドレスにお色直し(前半は、紺のドレス)。

クラシックはまったくもってうといが、そんな私でも知っている曲が何曲かあった。やっぱり、“アヴェ・マリア”はすてきだ。
すてきな時間を過ごしたクリスマス(正確にはイブ・イブ)だった。


コンサートのあと、予約しているママンテラスへ行くため、地下鉄・大阪ビジネスパーク駅に向かった。
シアターBRAVA!から出てくる人たち(女性)に遭遇。
もちろん「何やってたんやろ?」という会話がなされたのは、いうまでもない。

そして・・・・・、
[PR]
by blue-umiusagi | 2006-12-24 23:13 | イベント雑感