<< さすがan・an“好きな男”1... 旧暦八月十五日 >>

三番街シネマ閉館

c0020452_215087.jpggraceさま、情報ありがとうございます。

この日観た映画は「リバー・ランズ・スルー・イット」
いえ、決して「愛」がないわけではないんですよ。『悲情城市』とどちらを観ようか、もちろん悩みましたとも。夜勤明けだったので、どちらを選んでも眠たくなるかな?とは思いましたが…。

<STORY>
牧師の家庭で厳格に育てられた兄弟。だが、エリート大学の大学院を卒業した生真面目な兄ノーマン(クレイグ・シェーファー)と、自由奔放で天真爛漫な弟ポール(ブラッド・ピット)とは、正反対の性格だ。成人してからは違う道を歩む2人だが、ポールはその無鉄砲な性格から賭けポーカーにはまり、危ない道に入りこむ。



1993年公開。リアルタイムで映画館で観た作品。

大きな展開があるわけでもなく、静かに進行していくストーリー。穏やかな川の流れやきらきらした水面…ゆっくりと語られるナレーションがよかった。大河の水が流れるように人生は淡々と続いていくようで、何とも言えない穏やかな気持ちになれた。
ほんと、ピッくんだけでなく、大自然の映像が美しい。
フィッシングのシーンは、魚釣りに興味のない私(“いらち”ですから、わたくし)でも目を奪われた。大物を釣り上げたピッくんの笑顔がすてきだった。





三番街シネマの写真をあっぷしたいのだが、カードリーダーが悪いのか、メモリーカードが悪いのか、画像を取り込めない…。
写真は後日ということで…。


9月27日、ご機嫌が直ったのであっぷっぷ。
c0020452_0445468.jpg


c0020452_045975.jpg


c0020452_047669.jpg


ぢつは、パンフレットとDVD持ってたりして…。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-09-25 22:55 | 映画雑感
<< さすがan・an“好きな男”1... 旧暦八月十五日 >>