<< 5月のベランダニング 春の大阪の猫まつり・その2 >>

「猫の學校」in大阪

うみそらには一生食っちゃあ寝ぇの生活と安全な場所を約束したし、猫又になるまで一緒にいたいと思っているから「いいかあしゃんでありたい」と思っていた。
初めてぬこさんたちと一緒に生活をするから、わからないことがあるとグーグル先生のお世話になっているが、“何か違う”という思いがどこかにあった。
『ねこふん』でギャラリーを巡っている時に猫の學校のチラシを見て、開催まで1週間を切っていたが、まずは行動と思い申し込んだ。

猫の森】の南里秀子さんが講師をされている「猫の學校」。
モットーは「ご機嫌元気」。校訓は「感動・感激・感謝」。

今回(5月20日)参加した6講座は全12講座の中の後半部分。うみそらは1歳未満なので“老い”に関してはピンとこない部分もあったが、環境を整えていくことは一緒。
会場の雰囲気も穏やかで、南里さんの言葉もすうっと耳に入ってきた。

猫にとって、人間は環境の一部
ご機嫌元気なら、何があっても大丈夫!

猫についての知識だけでなく、生き方についてもアドバイスをもらったような一日だった。

c0020452_0522346.jpg

いちご大福を発案した人って天才だと思うの

会場は(株)テラモトさん。
おやつタイムは【住吉団子本舗】のいちご大福。2個一気食い。

セミナーのあとは場所を変えて懇親会。そこでも盛り上がり、楽しい一日だった。

c0020452_17397.jpg

ご機嫌元気でいようね

“猫の学校”は東京では定期的に開催されているが、関西では不定期。次は前期を受ける予定(日程未定)だが、セミナーを受けるというよりも南里さんの話を聞きたい、と思っている。

今回のセミナーの企画&準備をしてくださったスタッフの方々にも感謝。
大阪のパワーがミンさんに届きますように。



にほんブログ村 猫ブログへ   にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ   にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ

[PR]
by blue-umiusagi | 2012-05-22 01:23 | イベント雑感(ねこ)
<< 5月のベランダニング 春の大阪の猫まつり・その2 >>