<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

送別会

c0020452_2325836.jpg

いままでありがとう

[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-29 23:23 | 職場雑感

Whiskyはほとんど飲まない

c0020452_23385742.jpg

画像使い回し


久しぶりに「モラタメ」さんから【サントリートリスハイボール缶をモラった。

ウィスキーは全くと言っていい程飲まない。年に一回コークハイを飲むかどうか、というくらい。
だから、ジンジャー缶の方が飲みやすかった。生姜好きだし。この味だったら、またお風呂上がりに飲んでもいいかも、と思った。


*この記事はモラタメの会員として書きました。


[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-27 23:55 | 懸賞&モニター生活

今年も参加表明

2011年も残すところ3か月とちょっとになった。
そして性懲りもなくおそうじペコさんが発起人の

「第5回 のんびりゆるゆる大掃除 THE2011」

に今年も参加する所存です。

今年のコンセプトは

「大掃除で家も心もスッキリ。

来年への希望とエネルギーを充電せよ!」



掃除と片付けは別物だということは重々承知している。
小さいことからコツコツとしていって、年内に不要なもの(悪運)を完全に捨てるんだ。

といいつつ、10月早々に夏休みを取っているので実際に活動しだすのは、夏休みが終わってから。

twitterやfacebookのアカウントは持っているが、使い方がわからないため、ここでぼちぼちと記事をアップしていく予定。



c0020452_2273082.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-26 22:22 | 小掃除&大掃除

三連休終了

c0020452_21541832.jpg


今月唯一の連休が終わった。

仕事する三日間は長いのに、休みの三日間はなんで短く感じるんだろう。

同じ24時間なのに。



オリペン持ち歩いてないなあ。

三連休初日の掃除は、結局午後までかかった。

やっぱり常日頃の掃除が大事だな…。
[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-25 21:55 | 戯言

大阪城

c0020452_1459443.jpg

川の上は涼しい

[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-24 14:59 | 携帯生中継

クルーズ

c0020452_14272617.jpg

道頓堀川初クルージング

[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-24 14:27 | 携帯生中継

お彼岸

c0020452_21171832.jpg

別に並べなくてもよいのだが…

地デジ搭載のPCを購入したにもかかわらず、テレビは観ていない。使い方がわかっていないのは内緒。
なのでレンタルDVDを観ようと思う。

本日の晩御飯は喜八洲総本舗花ぼた餅
食べ応え十分で、おいしい甘さだった。時間も時間だし1個だけにしとこうかなと思ったけど、2個食べても胃もたれしていない。満足。

さて、今回私も明日から三連休。まずは、掃除。というか午前中には掃除を終わらせる予定。
[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-22 21:50 | 時事雑感

メガネ男子

c0020452_23534517.pngc0020452_2354035.png「忍たま乱太郎」

<公開時コピー>
仲間といっしょなら、勇気200%!!


<STORY>
猪名寺乱太郎は、一流忍者になる事を目指して忍術学園に入学。忍者のたまご“忍たま”として、一年は組で忍術を学んでいた。夏休みのある日、忍術学園四年の斉藤タカ丸の家が襲われた。実はタカ丸の祖父は、かつてウスタケ忍者隊の一員で、勝手に忍者隊を抜けていた。そして、その子孫のタカ丸と父・幸隆が抜け忍として命を狙われていたのだ。タカ丸たちを救うため、一年は組の忍たまたちが、ウスタケ忍者隊と競争する事になる…。


****************************

去年の夏、高山寺(京都)でロケをやっているということは知っていたが、その時は公開されてもスルーするつもりでいた。だけど、監督が三池監督なのと何気に出演者が豪華なのでだんだん楽しみになってきた。

実家に帰った時に夕方何気に甥っ子たちと一緒に見ていた『忍たま』。忍者のたまごだから「忍たま」っていうことも初めて知った。
基本的にはお子様向けの作品で子どもの好きなお下品なネタもあったが、大人向けの小ネタもいっぱいで楽しかった。中堅から大物俳優さんたちが素顔がわからないようなメイクをしてキャラクターになりきった弾けた演技。まさか『忍たま』で加賀さんのミュージカルが聞けるとは思わなかった。
エンドロールで流れたメイキングを観ていると使われていない映像がたくさんありそう…。あのナメクジが本物だったことにちょっと涙目。
19年間変わっていない主題歌もよかった。


<忍たま乱太郎オフィシャルサイト>
[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-16 23:55 | 映画雑感

編曲




閣下すげぇ

[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-15 01:23 | 戯言

7月8日金曜日、午後4時

c0020452_13434017.jpg「プリンセストヨトミ」

<公開時コピー>
大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。


<STORY>
国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調に進めていく彼ら。しかし容赦ない調査でチームリーダー・松平は、財団法人OJO(大阪城址整備機構)に奇妙な違和感を覚える。質問をぶつけても、のらりくらりと説明をかわす職員に、不信感は増すばかり。さらに調査を進める内、松平は400年もの間、大阪が守ってきた“秘密”を知ってしまう…。




****************************


原作を読んだときも思ったが、「ありえる話かも」と思ってしまうのは、舞台が「大阪」だからかもしれない。
今回は先に原作を読んでいたが、映画のほうが表現がいいシーンもあったし、原作のあのシーンは端折ったのか…(スクリーンで観たかったな)、という思いもあった。だが、映画は映画で楽しめた作品だったのでよしとしたい。

しかし、お好み焼きにたこ焼きに串かつ…。「何、このテンプレな大阪!?」と思いつつも、おいしそうな出張がうらやましかったな。

映画では綾瀬はるかを出したいがために鳥居と旭の設定を逆にしてしまった→原作ラストの後日談ができなくなった→原作でも感じた大輔の設定がやはり弱いな、と思った。
だけどその分、松平の父親(大阪国)に対する思いや真田総理大臣の言葉の重みは十分感じられた。さすが堤さんと中井さんだ。

リアル大阪住民として感じたことあれこれ。

やはり大阪全停止のシーンはすごいなと思った。
常日頃人と車があふれている梅田(曽根崎)周辺や戎橋界隈のゴーストタウン化。綾瀬はるかがホテルニューオータニ→空堀商店街→戎橋→黒門市場→大阪府庁と走ってたが、どんだけの距離走ってんねん、しかもパンプスとスカートで。まあ、その分誰もいない感は十分伝わったけどね。

茶子ちゃんが蜂須賀組の事務所に殴り込みに行くのに颯爽と自転車に乗っていたが、「茶子ちゃ~ん、どこまで行くの~」と思った。

あと、大阪城公園に玉木宏のようなたこ焼き屋のお兄ちゃんはいません。いてたら、私が毎日たこ焼きを買いに行ってます。

ラストで松平がアイスキャンディを食べるシーン。あのアイスが「蓬莱」か「北極」のアイスキャンディーだったらよかったのに。小道具いけてないわ、と思った。

大事なことなので2回いうけど映画は映画で「楽しめた」作品だった。
同じスーツ姿でも『SP』の時とは違った堤さんを観ることもできたし。


<プリンセストヨトミ オフィシャルサイト>
[PR]
by blue-umiusagi | 2011-09-12 01:30 | 映画雑感