<   2010年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

もうひとつの主役はやっぱり島根県

c0020452_21481710.jpg「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~/同時上映:古墳ギャルのコフィー」

<公開時コピー>
アバヨ!! 鷹のツメ団


<STORY>
長期休暇から戻った鷹の爪団メンバーに衝撃が走った。彼らの秘密基地が何者かの手で荒らされていたのだ。しかも、レオナルド博士がまだ故郷から戻っていないと言う。博士に液晶テレビを作ってもらい、それを来月分の家賃に充てようと画策していた総統は大弱り。仕方なく博士の故郷であるテキサスに向かう鷹の爪団一行。しかし、そこで彼らはジョン・ジョロリンと名乗る男から、博士が恐ろしい陰謀に巻き込まれたと聞かされる…。


****************************

相変わらずのゆる~いネタがいい。
話の途中であからさまにスポンサーのCMが登場したり、バジェットゲージと連動して総統がだんだん手抜きになったりと、何も考えずに、ただ素直に笑って楽しめる。

TTTT(テロ特別対策ったい)の諜報員ジョン・ジョロリンがけっこういい味出してる。ジョン・マクレーン(ダイ・ハードのね)のパロディかと思っていたら、ジャック・バウアーだったのね。

そしてお約束の島根ネタ。じつは島根県ってあんなに強かったんだ。知らなかったよ…。
ラストのスーザン・ボイルの「夢やぶれて」は鳥肌もの。マジ感動。あれは反則技やわ…。


c0020452_23274020.jpg

映画の中で坂東さんが食べていたのってこれかな~?

5作目を密かに期待している。
同時上映は『古墳ギャルのコフィー』で「コフンデレラ」。お話はなかなかシュール。


<秘密結社鷹の爪THE MOVIE3~http://鷹の爪.jpは永遠に~ オフィシャルサイト>
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-28 22:55 | 映画雑感

音楽が主役

c0020452_1844117.jpg「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

<公開時コピー>
待っていてくださいね先輩。今すぐ追いつきますから。


<STORY>
フランス、パリ。指揮コンクールで優勝した千秋は、若き日のシュトレーゼマンが指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者に任命される。だが伝統ある老舗オケにも関わらず、資金不足で団員のやる気はゼロ、演奏も大雑把で低レベル。一時は絶望した千秋だったが、やがてオケの大々的な立て直しに取りかかる。一方、コンセルヴァトワール(音楽学校)に通うのだめは、千秋を見守りながらも進級試験に向けて猛練習を開始する。


****************************

原作は未読、テレビ(ドラマ&アニメ)も観ていないが気になっていた。やっぱり大画面&高品質の音響での劇場公開というは、映画ならではの迫力がある。

外国人が日本語しゃべったり、どう見たってそののだめは人形だろうとか、かめはめ波対決とか、おふざけも入っているが、クラシック音楽に対しては丁寧に表現している。まさか『トルコ行進曲』で泣きが入るとは思ってなかった…。ヨーロッパの風景も見ごたえがある。

千秋とのだめは、お互い自分にない部分に惹かれているのかもしれない。そんな二人の今後が楽しみだし、ほんと後編が待ち遠しい。

しかし、“毒”とか“死”とかのオーラの漂うカレーってどんなんだろう…。


<のだめカンタービレ 最終楽章 前編 オフィシャルサイト>
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-27 22:22 | 映画雑感

じいさんが主役

c0020452_2140150.jpgc0020452_21402460.jpg「カールじいさんの空飛ぶ家」

<公開時コピー>
いくつになっても、旅に出る理由がある──。
愛する妻が死にました── だから私は旅に出ます。


<STORY>
冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され偏屈な老人となったカールは78歳で一世一代の冒険に旅立つ。無数の風船と共に大切な家ごと飛び立ったカールが目指すのは、かつてエリーと夢見た冒険の地だった。


****************************

3D字幕版での鑑賞。然程目が疲れたりすることもなく、3Dならではの映像を楽しめた。
風船の質感は透明感があってリアルだった。ほんとすごいね、CGの技術って。

今回泣きはしなかったが、なかなかハートウォーミングで大人が楽しめる作品だと思う。序盤のカールとエリーの追憶のシーンは、セリフがなくても映像と音楽だけで十分心に響くものがあった。

自分にとって何が大切なのか、何を捨てることができるのか、もう一度考えてみようと思った。

しかし、家を引っ張る78歳というのはすごいですな。そうすると、マンツは一体いくつなんだろう。

同時上映は『晴れときどきくもり』。
アメリカでは、こうやって子どもに話を聞かせているんだろうか…。


<カールじいさんの空飛ぶ家 オフィシャルサイト>
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-26 23:23 | 映画雑感

牛が主役

c0020452_13205523.jpg「牛の鈴音」

<公開時コピー>
その老いぼれ牛は、お爺さんと一緒に30年も働きつづけた。


<STORY>
農家を営む79歳のチェ爺さんには、長年一緒に働いてきた耕作用の牛がいる。牛の寿命は15年というのに、この牛は40年も生きている。しかし最近はそれも限界。獣医は「そろそろ寿命だ」とチェ爺さんに告げる。チェ爺さんはお婆さんと二人暮らしだが、農作業を休む事はない。苦労は絶えず、お婆さんのグチも尽きない。「牛を売って隠居したら」と子供たちは言うがお爺さんは答えない。お爺さんは、このままの生活が一番なのだ。


****************************

夜勤明けで観にいった作品。そこそこ落ち着いていたのだが、やっぱり一瞬落ちてしまった(と思われる)。

過疎化・核家族化・高齢化…、いろんな背景があるが、無口なじいさんと文句言いのばあさんと平均寿命を大幅に過ぎた牛の日常を描いたシンプルなドキュメンタリー。

なんだかんだ言いながらも、じいさんとばあさんからは牛への愛情が伝わってくる。
「生きることは働くこと」二人と一頭が教えてくれた。

題字は菅原文太氏。これもみどころ。


<牛の鈴音 オフィシャルサイト>
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-25 14:25 | 映画雑感

“ぼうちゃ たつや”にて

c0020452_0313475.jpg


c0020452_0315227.jpg


今年は宮古島に行きたい、と思う今日この頃。
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-24 23:58 | 画像あっぷっぷ

大人の遠足~大阪アルプスを歩く 其の壱

カテゴリをどうしようか迷った。“旅行記”にするか、新たにカテゴリ“大人の遠足”を作成するか…。
とりあえず、旅行記にしてみた。

2月6日(火)『最後のマンガ展』に行く前に立ち寄った場所があった。

大阪市営地下鉄・中央線大阪港駅を降りて右へ曲がると、たどり着く。

c0020452_043270.jpg



鳩がたむろってる中、階段を登る。

c0020452_0133361.jpg



そして、向かった先は…。

c0020452_033338.jpg

クロックスで登るあたり、登山をなめてますな


そう、この日のもうひとつのmission

天保山に登る


c0020452_025460.jpgc0020452_0254050.jpg




標高4.53m。国土地理院発行の地形図に山名と共に載っている山の中では日本一低く、山頂には二等三角点がある。
1831年(天保2年)に安治川を浚渫した際にその土砂を河口に積み上げて作られた築山である。当初は20m程の高さがあったが、砲台建設のために土砂が採取され、明治時代には7.2mとなった。1971年(昭和46年)でも7.1mの標高を保っていたが、地盤沈下により1977年(昭和52年)には4.7mへと急激に標高が低下し、2010年現在は4.53mとなっている。
(Wikipediaより抜粋)



c0020452_0463976.jpg

天保山山頂からの風景


そして、先日「登山証明書」なるものが届いた。

c0020452_0515714.jpg

今年67番目 ちょっとうれしかったりする


因みに「いちびり」とは、wiki先生によると、
関西弁で、ふざけてはしゃぎまわること。ふざけてはしゃぎまわる人(お調子者)。‘いちびる’(調子に乗る・動詞)の名詞化。蔑称。
と、されている。



[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-23 23:45 | 大人の遠足

春に向けて

c0020452_2235746.jpg

こちらがこの日のメインのお買い物

2月6日、夜勤明けで買ったもの・その2。

クリニーク】のフレッシュ ピック オールオーバー カラーフレッシュ ピック アイ シャドウ。2月5日に発売された限定品のチークとアイシャドウ。
ちょうどチークが切れたので購入となった。
発色はいい。混ぜて使用するので、毎回微妙に色が違う(良いのか悪いのか…)。ただ、一番濃い色の分量が多いと、おてもやんちっくになってしまう。クリニークのおねえさんに上手な使い方を聞いてこよう。
アイシャドウとしても使える。腫れぼったくならず、可愛過ぎず、いい感じに使える。

調子の乗ってアイシャドウもつけてもらった。こちらも発色はいい。明るい春らしいグリーン2色なので、心持柔らかな目元になったような気がする。

クリニークはペンシルアイライナーも気になっているので、またお店に行ってみようと思う。
テラコッタカラーのチークも欲しいので、ただ今検索中。
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-22 22:22 | お買い物

おやつ

c0020452_23193679.jpg

最近“氷結 Peach”がお気に入り

2月6日、夜勤明けで買ったもの・その1。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ】のマカロンラスク。マカロンの生地をラスクにしたもの。なかなかのお手ごろ価格。たぶん、抹茶・カカオ・シトロン・フランボワーズの4種類と思われる。
砂糖がまぶしてあるが、さほど甘くない。クッキーとは違う、カリッカリッの歯ざわり。結構くせになるお味。
期間限定なのか、HPでは確認できなかった。


c0020452_2345878.jpgc0020452_2346312.jpgc0020452_2346538.jpg


ショコ・レ】のショコラ・ショー。何種るかある中で、darkとcointreauを選んだ。darkとcointreauでは、cointreauの方が甘いが後に引かない甘さ。ココアとは違う。甘いものが少し欲しいときに、ちょうどいい。
こちらはPLAZAで購入することができる。今度行ってみよう。
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-21 23:45 | 食雑感

最後のマンガ展での買い物

c0020452_0575621.jpg

特設ショップにて

てぬぐい3本とシャーペン&メモ。てぬぐいサイズのフレームが欲しいと思う今日この頃。

c0020452_105316.jpg
シャーペンのイラスト。スタッフTシャツは、黒生地にこの柄(白抜き)。上野の時も思ったが、このスタッフTシャツ、欲しい…。
家に帰ってから、「やっぱり買っとけばよかった…」と思っている品があるので、も1回行こうかと考え中。



c0020452_135543.jpg
こちらは常設ミュージアムショップで購入。長Tが欲しかったんで…。
生地もしっかりしていて、肌触りもいい。
常設ミュージアムショップに置いてある井上商品は井上先生のHPでも購入できる。
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-20 02:20 | イベント雑感

雨水

c0020452_20463159.jpg

お雛様出しました

雨水に出して啓蟄に片付けます。
3月3日が過ぎたらとっとと片付けろ、と言われているお雛様だが、この時期しか飾れないんだから、少し長く飾っていたい。だからと言って出しっぱなしにはしていないけどね。



c0020452_2052897.jpg

初めて活けたクロネコヤナギ。鉢に植えたら根付くかな?



c0020452_2102352.jpg

gremzも少しずつ成長している


ハルは少しずつ近づいてきている。
[PR]
by blue-umiusagi | 2010-02-19 21:05 | 時事雑感