<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

“今日も どこかで”

c0020452_204357.jpg
小田和正コンサート2008 「今日も どこかで」
大阪城ホール 9月25日(木)


3年前と同じ、同業者&同い年のIさんと一緒に。
3年前と同じようにJR京橋駅で待ち合わせをし、神戸にしむら珈琲店 OBP店でケーキを食し、城ホールまで歩く。

城ホールのロビーには、今回もスポンサーとなっている某大手生命保険会社が開催したフォトコンテストの入賞作品が展示されていた。脳内に流れたのは「たしかなこと」。私自身は人物はあまり撮らないが、どの作品も素敵な表情が捉えられていた。

今回の座席はスタンドのKブロック。アリーナの端っこよりもスタンドのほうがステージ全体を見渡せるし、ちょうど前に上方からスクリーン(モニター?)が設置されていた。左手にメインステージとちょっと角度が悪いけど大型スクリーンも見える。「思っていたよりも(座席)よかったね」とIさんと話した。
会場を横長に使用したステージ配置で、アリーナには花道が何本か伸びている。思わずタラバガニを連想してしまった。
 
  「花道があるね」
  「うん」
  「また、小田さん走るのかな?」
  「ジャニーズにみたいに?」
(「ステージで走る=ジャニーズ」という図式が出来上がっている二人)
  「さすがに小田さん、クレーンは使わないよね」
  「使ったらおもしろいだろうね」
  「うん、どんなコンサートになるのかな」

という会話をしながら開演時間を待つ。会場内には洋楽が流れていた(誰の曲なのかは不明)。

場内が暗くなり、スクリーンにはかわいいアニメーションが流れる。小田さんの曲のインストゥルメンタルをBGMにしてアニメの小田さんが走っている。2008年から遡ってご幼少時代(小田薬局の前で家族写真撮影)からスタート。野球少年だった頃、聖光学院時代、建築を学んでいた大学時代、オフコース時代と進みソロ活動の時代へ。要所要所で今の小田さんが当時の自分の写真を撮る。

オープニングは「こころ」。続いて「正義は勝つ」「愛を止めないで」「伝えたいことがあるんだ」。途中MCがあったと思うが、話の内容は覚えていない。この日の小田さんの衣装はTシャツにジャッケット&ベージュのチノパン&白の靴(スニーカーかな?)とシンプル。

続いて「Re」「僕らの街で」。
「いつかどこかで」を歌っているときはスクリーンに映画「いつかどこかで」のワンシンーンが流れていた。興行的にはもひとつだったようだが、出演者に時任三郎・津川雅彦・八千草薫など今考えるとなかなか豪華キャストだ。
この日MCで総理大臣が麻生太郎氏になったことを知った。麻生氏と小田さんは誕生日が一緒。でもって、麻生氏が小田さんの「たしかなこと」という曲が好きだと公言したらしい。政治の世界もいろいろとあるようだがこの曲のような政治をしていって欲しい、というような意味合いのことを言って歌った「たしかなこと」。

そして「夏の火」「僕の贈り物(2番)」「地球は狭くなりました」「倖せなんて」「愛の唄」「さよなら」「言葉にできない」とオフコース時代の曲が続く。オフコース時代の曲は全部は網羅していないので初めて聞く曲もある(この曲を歌う、というのは知っていたが)。オフコースを知らなかった頃の歌なのに心にしみる。
前半のラストは新曲「今日もどこかで」。『めざましテレビ』のテーマソングになっているそうだがテレビを見ないのでこちらも今回初めて聞いた。

小田さんがステージから降りる。スクリーンには恒例<御当地紀行>
書くとさらに長くなるんで別記事にさせていただきます。

後半は「NEXTのテーマ~僕らがいた」から。
「Yes-No」続いて「ラブ・ストーリーは突然に」。さすが当時(1991年)オリコン年間シングルチャート第1位獲得曲。イントロを聞くだけで鳥肌が立つ。「キラキラ」この曲も確かドラマの主題歌だったような気がする。
「そのままの君が好き」「時に愛は」「風のようにうたが流れていた」と続く。
「東京の空」ではスクリーンには空が映されていた。大阪の空だったらいいな、と思いながら見ていたが大阪だとどこの景色か見当がつかなかったので、あれはやっぱり東京の空だったのかなあ。
最後はやさしいメロディの「ダイジョウブ」。NHKの朝の連ドラ『どんど晴れ』の主題歌。デイルームで食事介助をしながら時々聞いていた。

覚えているMCを。
この日(9月25日)は、泉谷しげる氏もイベントで大阪に来ていたようで、スタッフから「泉谷さんからよろしくお伝えください」というメッセージを受け取った小田さん。「あいつから“よろしく”って、言われてもな~」と小田さん。場内爆笑。
今回京都でコンサートを行ったとき(7月22・23日)、ホテルに帰るとフロントにメッセージが届いていた。送り主は財津(和夫)さん。細かいことは忘れたが、いい話だったような気がする。
なぜか「邪念」を連発する小田さん。
「何の邪念もなく、知らない人がCDを買ってくれるなんて…。だんだん邪念が…。邪念の“ジャ”が嫌じゃないですか…。」「邪念なしで書いた、と自分でも信じています」といって歌ったのが「言葉にできない」。
会場から「テレビに出るんですか?」という質問が。声がもひとつ聞こえなかったが、雑誌かなんかに書いてあったらしい。「テレビには出ない」と即答。どうやらガセネタだったようだ。
「他に聞きたいことは?」と会場に問う小田さんに対して「今年も『クリスマスの約束』はあるんですか?」という質問が出た。答えは「今年もする」そうです。やった~♪

「みなさんのご家族や親戚、友達に小田がくれぐれもよろしくとお伝えください」
という伝言を承った。

今回私の座った座席から右30度の角度で、歌詞の出る電光掲示板が見えた。「小田さん=ラブソング」という図式が出来上がっているワタクシ。改めて歌詞を読む(見る)と甘いだけじゃない、言葉に重みがあることに気づかされた。今回のコンサートは、聴覚と視覚両方で小田さんを感じることができた。

アンコールは「またたく星に願いを」「君住む街へ」。イントロを聞くだけで涙腺が緩む。2曲歌って小田さんとメンバーがステージをあとにしてステージの照明が落ちる。もう一度歌声を聞きたくて拍手する私たち。帰りの電車の時間もあるのかな、席を立つ人たちもいる。
照明が点いて2回目のアンコールで歌ってくれたのは「YES-YES-YES 」「今日もどこかで」。
MCで小田さんが「大阪だと海水浴はどこへ行くの?」と質問。
会場から「須磨」という答えが。
「須磨って神戸だろ」と小田さん。よく御存知で。
「大阪にはないのか」
会場から答えはない。このとき「二色の浜(にしきのはま)」と言いたかった。だけど、言えなかった小心者のワタクシ。小田さん、大阪にも期間限定だけど海水浴場はあるんだよ~。
「横浜には湘南があるんだぜ」といって歌ったのが「my home town」。小田さんの故郷である横浜を歌った曲。この曲がこの日のラスト。

そして、小田さんたちがステージを去る。スクリーンには再びアニメーション。ラストの文字は


きっと またいつか


うん、会いたい。
[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-30 21:30 | イベント雑感

ねえねえ・2

何してるの?

c0020452_141412.jpg

3匹のソライロイボウミウシ


3匹とも同じ方向を向いているので、交接をしているわけではなさそうである。


<ウミウシのおはなし>
ウミウシは雌雄同体だが繁殖のためには交接をしなければならない。普通は2匹で交接するが、交接器は体の右側前方にあるのでお互い相手が自分の右側にくる形になる。交接器にはオスの器官とメスの器官が並んでいて、相互に受精する。しかし、ごく稀に3匹で交接を行う場合がある。
(小野篤志著「ウミウシガイドブック」)

[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-29 14:14 | 画像あっぷっぷ(水中)

ねえねえ



「たわしねこ」って、はやってるの?


下僕という名のお世話係になりたい、と思う日々…。

[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-28 00:30 | 戯言

エビちゃん

c0020452_2151354.jpg

イソギンチャクエビ





c0020452_2164391.jpg

ニセアカホシカクレエビ





c0020452_211011.jpg

バブルコーラルシュリンプ





c0020452_2111457.jpg

ベンテンコモンエビ





c0020452_21125797.jpg

ムチカラマツエビ





c0020452_21133094.jpg

カノコイセエビ

[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-27 21:21 | 画像あっぷっぷ(水中)

あれから三年経ちました

c0020452_0233560.jpg

神戸にしむら珈琲店 OBP店で食したケーキ


61歳になった時、私は何をしているだろう。

きょうび61歳なら、まだまだ若い方に入るけどね。


きっと またいつか  会いたい。

[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-25 23:35 | 戯言

スープがあると、なお、よくない?

c0020452_11422680.jpg

久しぶりにモラタメさんから「クノールカップスープ」の商品二品をモラいました。

早速食してみる。
c0020452_12322724.jpgc0020452_12324134.jpg

右:男爵いものポタージュ
左:クリームオニオンポタージュ&島とうがらし

どちらのポタージュも食感がしっかりしている。濃厚なお味&よい香り。体も温まる。クリームオニオンポタージュの方が好きかな(私基準)。
「クノールカップスープ」には、家でも職場でもけっこうお世話になっている。御飯のときはもちろん、夜小腹が空いた時用にストックしている。休憩室にも名前を書いて(ここ重要)ストックしている。

一緒に写っているのは“島とうがらし”(コーレーグース)。島唐辛子を泡盛に漬けた沖縄の調味料。インスタントのスープや味噌汁、ラーメン、うどん&そばにほんのちょこっと入れると味がしまって美味。


*この記事はモラタメの会員として書きました
[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-25 13:00 | 食雑感

目の前の人参

c0020452_2174212.jpg

BOSE Wave music system&iPodアダプタ&マリリン(iPod nano)


明日、某男性ヴォーカリストのコンサートに行く(座席はあまりよくないが)。通勤時は他の曲を聴いたりもするが、家に居る時はずっと予習(?)をしている。
音楽の秋をひととき楽しもう。
[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-24 21:21 | お気に入り

いつも思うが…

ほんとどこかに「やる気」って売ってませんかね。

昼間っからBEER片手にダラダラと…。

<うみうさぎの場合>
あなたを「美人」にする仕事
30%
30%
30%
10%
あなたの美人度を診断



<本名の場合>
あなたを「美人」にする仕事
60%
40%
あなたの美人度を診断



【腹黒度チェック】ちうもんもやってみた。
<結果>
魂の黒さ  44%
心の黒さ  62%
ルックスの黒さ  42%
輝く白さ  100%

あなたの腹黒度はゼロパーセント。つまり腹黒とは真っ向から対立する【純白の天使】です。

あなたの心には穢れなど一点も存在しない、生まれついての天使気質。
誰に教えを乞わなくても、常に正義と潔癖さがついてまわり、素直に良い行いだけを繰り返す毎日なのでしょう。
当然、腹黒さなどというものにはまったく無縁のようです。
あなた自身が性善説を具現している存在なのでしょう。
しかし世間にはあなたのような人を快く思わない人が存在することも事実。
曇りなき純白に黒い染みを落としたい、というのは、自然の欲求です。
そういう輩に狙われて、あなたの清純が失われないことを切にお祈り申し上げます。


まあ、結果はどれも当たらずも遠からず、ちうことで…。
[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-23 15:15 | 戯言

ダーウィン展でのお買い物

御多分にもれず、展示場を出たところにあるショップでほんの少しお買い物をした。


c0020452_2191746.jpg

冷蔵庫に入れてたら白くなっちゃった。

ゾウガメチョコちうのもあったが、大きいうえにリアルだったのでガラパゴスペンギンチョコのみお買い上げ。味はふつーのチョコレート。卵はアーモンドが中に入っている。ペンギンはお腹の部分は空洞(ちぇっ)。


c0020452_2304368.jpg

サボテン栽培セット

イグアナに惹かれてお買い上げ。いまだ植え付けはしていない。しばらくはどこへも行かないから、きちんと育てたい、と思っている。


しかし、影ができていますな、この写真…。
[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-23 01:00 | イベント雑感

終わっちゃったけど

c0020452_178821.jpg

「進化」発見の旅へ!



「ダーウィン」と言えば 「進化論」。「進化論」と言えば「ダーウィン」。
ビーグル号に乗って世界を巡る旅に出て、ガラパゴス諸島における様々な動物などの観察を通じて、進化論についてまとめ『種の起源』を発表した。
と、教科書で習ったハズ…。
あと日曜日が夜勤だと、NHKの番組「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」をラウンドのときチラ見するくらい。
美術館へはよく行くが、博物館はあんまり行ったことがない。
実は、お盆の時期に一度行ったがあまりの人の多さに入り口でUターンしてしまった経緯がある。
そんなこんなの「ダーウィン展」。結構楽しめた。それこそ私は、

「ダーウィン」と言えば 「進化論」
「進化論」と言えば「ダーウィン」

くらいの認識しかないが、生物学や考古学を学んだ人はもっと楽しめるのではないだろうか。

ダーウィンは経済的にも恵まれた環境で育っており、運にも恵まれている。そして努力家でもある。
・ダーウィンが進化論に辿り着く前に、ダーウィンのじいちゃんが同じような考えを持っていたこと
・結婚するのに、メリット・デメリットをいろいろと考えたこと
・ダーウィンが進化論について考え始めてから実際に発表するまで20年かかったこと
・ほんとうは自分が死んでから進化論を公表するつもりだったが、同じような考えを持つ若手研究家が現れたため世間に公表した
教科書には載っていない人間ダーウィンが感じられた。

ガラパゴスの海は、行ってみたい海リストのひとつに入っている。海の中は、そんなに暖かくもないし透明度もそんなによくない、というのは聞いたことがある。でも、ガラパゴス諸島に辿り着くまでが大変そうだ…。

おまけ
[PR]
by blue-umiusagi | 2008-09-22 17:17 | イベント雑感