<   2007年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

10月の読書

「やさぐれぱんだ 1・2」 山賊 著
夜勤明けでお買い上げした文庫本2冊。
ちょっとイイ感じにズレていて、シンプルでシュールで、ゆるい笑い。ぱんだのやさぐれ具合がいい。


「ねこの肉球 完全版」 板東寛司・写真 荒川千尋・文
通勤時、電車の中で「ふぇ~」とか「ふにゃ~」とか発しながら読んでいた。子猫の寝顔&肉球の写真なんぞは「ほぇ~」としか言いようがない。写真集だけでなく、読み物としてもなかなかおもしろかった。
肉球占いでは、ももは「ラッキョウタイプ」にあたるが、結果はちと微妙…。
ねこ飼いたいけど、不規則&不定休な一人暮らしじゃ、ねこがかわいそう。


「ドミノ」 恩田陸 著
東京駅周辺が舞台。ほんと、偶然&登場人物がドミノ倒しのようにつながっていく。登場人物の紹介の多さに、こんがらがらずに読めるかな、と一抹の不安を感じたが、スピード感がありたのしく読めた。現実にも起こりえるカモ、と思える。ほんと、恩田作品は奥が深い。


「パンダ通」 黒柳徹子・岩合光昭 著
写真はもちろん岩合氏。カラーやモノクロのぱんだがいっぱい。やはり「でへへ」となる。黒柳氏も岩合氏もパンダをこよなく愛しているんだな、ということがひしひしと伝わってきた。
私が初めてパンダという存在を知ったのは、上野動物園のランラン&カンカン。テレビのニュースだった。生パンダを見たのは、たしか白浜アドベンチャーワールド。
ほんと、なんでパンダはかわいいんだろう?
パンダのしおり付♪


「大阪弁の秘密」 わかぎゑふ 著
30年以上大阪に住んでいるが、「そうそう」と思ったり、「えっ、知らんかった」と思ったり。同じ関西でも、京都や神戸では言葉のニュアンスが全く違う。日本には日本人と大阪人が住んでいる、というのはあながち嘘ではないカモ。
水葉さんのアドバイス、きれいな大阪弁をしゃべるべくチエちゃんのお母さん・ヨシエさんを目標にしたい。
私の好きな大阪弁は…。
「ぼちぼち」かな。

おまけ
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-31 23:59 | 読書雑感

所用にて実家へ


c0020452_22143911.jpg

実家ねこ「もも」。
スリッパと台所風景画写っているのは、ご愛嬌。

平成4年3月3日に、妹が拾ってきて我が家にやってきた。なので、人間で言うと、80歳近いばあさんねこ。白内障はあるが、まだボケてはない様子。

帰りに母親から、さつまいも&じゃがいも&米&梅干&なし&りんご&ドリップパックのコーヒーを持って帰るように言われた。
かあちゃん、気持ちはうれしいけど、わたくし電車で帰るんですけど。乗り換え2回あるんですけど。しかも、駅から家まで徒歩なんですけど。

                重いがな!



c0020452_22454028.jpg

掃除機が写っているのも、ご愛嬌。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-28 22:50 | 戯言

今年もお買い上げ


c0020452_19281775.jpg
                  ほぼ日手帳2008

今年もLOFTへ現物を見に行って、ネットで申し込んだ。実際は、もう少し早く届いていたんだけどね。今年のお色はベビーピンク

幽竹先生曰く、2008年は「一白水星中宮年」といい、9年に一度しかめぐってこない「水」の気の年。ちなみに、来年のラッキーカラーは“ベビーピンク”“スノーホワイト”“パールシルバー”。

で、このほぼ日手帳。
月間カレンダーが月曜始まりなのが、いまだにしっくりこないけど、それを差し引いても、使い勝手はよい。(私基準)
1日1ページ書けるし、ほんと、いい意味で公私混同。

家族と友達の誕生日を書き写すのは、来月以降になるが、2007年はまだ2ヶ月以上ある。残りの2007年を丁寧に過ごそう。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-28 20:20 | お買い物

チェス


c0020452_084519.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-28 00:10 | 画像あっぷっぷ

ナビオ閉館

c0020452_20233671.jpg「出会えたすべての人に、ありがとう」

やっぱり、人が多かった。けっきょく、無印でブラウスを1枚買っただけ。半そでだけど、これからの季節だったら、中にタートルネックを着ればOKでしょう。

「HEPナビオ」というよりも、「ナビオ阪急」というほうが馴染みがあるかな。映画館にはしょっちゅう行っているが、「ナビオ=高級ブティック」っていうイメージがある。ファイブとナビオじゃ、客層が違うもん。

大阪駅周辺も、どんどん変わっていくんだろうね。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-27 20:45 | お買い物

家で揚げ物はあまり作らない

c0020452_238813.jpg

使った油の処理に困るから。「少ない油でからっと揚げる」のが苦手(すぐこがす)。だけど、揚げたてのコロッケはおいしいの。



c0020452_23392984.jpg
                  で、シメは梅酒。



c0020452_23431978.jpg

で、先日“ぽちっ”したブツが届いた。
まあ、料理はがんばってするもんじゃあないし。ぼちぼちと、ね。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-26 23:45 | 戯言

漢字

                   ・須藤
                   ・須東
                   ・素藤
                   ・素東
                   ・諏藤
                   ・栖藤
                   ・酢藤

            私が今まで出会った「すどう」さん。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-26 00:05 | 職場雑感

9月の読書

「片付けられない女魂」 夏目♀ 著
夏目さんのブログ片付けられない女魂の書籍化。
夏目さんご本人もおっしゃっているが、縦書きなのがうれしい。しっくりくる。
内容は長い長いおかたづけの記録。だけど、それだけじゃない、元気をもらえる。好きです、夏目さん。
掲載されている写真が白黒なのが残念。


「マクロビオティック、はじめました」  オーガニックスペース編
ゆるくてもいいんだ。無理せず、ゆる~く続けていきたい。楽しくおいしく健康になればいい。


「マクロビオティック望診法 美人のレシピ」  山村慎一郎・中島デコ 著
望診法やその体質に合わせたレシピが載っている。食べ物をバランスよく摂っていきたい
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-23 00:30 | 読書雑感

7・8月の読書

「きもの365日」 群ようこ 著
「きのもが欲しい!」を読んで、再び手にした本。著者が1年365日きもので過ごすという試みに挑戦した実録書き下ろし日記エッセイ。写真やイラストを見るだけでも楽しい。
着物を着るその奥深さと日々のたいへんさが実感として伝わってくる。お針仕事だけでなく着物はメンテナンスも大変。それでも、やっぱりお着物着たい気持ちは、ふつふつと湧いてくる。
群氏のお着物のセンス、勉強になった。


「どうもいたしません」 壇ふみ 著
自虐ネタもあるが、なんとなくほほえんでしまうようなエッセー。
彼女の品のよさが好きである。そして、年齢不詳なところも。
帯には「孤独ニモ加齢ニモマケズ笑エル人ニ私ハナリタイ」とある。私モ、ソウイウ人ニナリタイ。


「蛇行する川のほとりに」 恩田陸 著
表紙にも惹かれて購入した一冊。各章とも一人の少女の視点で語られていく。『ネバーランド』の少女版とはちょこっと違う、ノスタルジックでミステリアスな雰囲気。そう、少女っていぢわるなの。


「佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方」 佐伯チズ 著
デコルテから上は顔
というのがよくわかった。


「大阪人の掟」 わかぎゑふ 著
大阪人のすべてがこうなんだ、と思われても困るが、なるほどそうよね、とも思える作品。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-22 23:23 | 読書雑感

いちばんぼしみ~つけた

c0020452_1759413.jpg
                  うちから見える風景
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-10-22 18:00 | 画像あっぷっぷ