カテゴリ:旅行記(DIVING)( 10 )

「ワタシ、ニホンノジョセイ、ダイスキデス!」

と、異国の街で声をかけられた。



海面の照り返しってけっこう目に痛いので、ダイビング用にボートの上で使うサングラスをずっと探してた。なので、今回のツアーで購入できたらいいな、と思っていた(「サングラスを買う」は南方位の開運行動のひとつ)。インストラクターのFさん(ワーホリでケアンズでインストラクターの資格を取得)に「サングラス探してるんですよ」といったら、「じゃあ、買いに行きましょう」ということになり、夕食までのフリータイムをFさんと出かけた(他の人は、ホテルで休憩)。そのかわり、Fさんと今回のツアーでお世話になる現地の人に一緒にご挨拶に行ことになった。
明日からよろしくおねがいします、と挨拶を済ませ、さあサングラスを買いに行こう、とてくてくケアンズの街を歩いていたら、道端にいた数人のグループのひとり が、

「ワタシ、ニホンノジョセイ、ダイスキデス!」

と、私たちに向って、のたまった。しかも、

「マタネ~」

と大きく手を振った。








は~!?


「君は何をゆうてんねん。」と「なんで、君はそんなに日本語が上手なん?」と同時に思った。
一瞬、奇妙な顔をしたのだろう。Fさんが説明してくれた。

 ・ケアンズでは、第二外国語に日本語を選択できる
 ・日本人(アジア系)は小柄でかわいい
 ・日本人女子は、身の回りのお世話をいろいろとしてくれる
  (現地女子は、そういったことはしないそうだ)

といった理由で、日本人女子はモテるらしい。


ふ~ん


















あ ん な 、 に い ち ゃ ん 。
一 部 が 全 部 思 っ と っ た ら 大 き な ま ち が い や で 。


私が、ぼそっと言ったひと言をFさんは聞き逃さなかったようで、苦笑いをしていた。


c0020452_21321251.jpg
こちらが、お買い上げしたサングラス、けっこう、気に入っている。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-11-12 21:35 | 旅行記(DIVING)

くるーじんぐへGO!

ケアンズからセスナに乗って
c0020452_10572266.jpg


セスナの窓から見た風景
c0020452_10573419.jpg


着いたのはLizard Island(訳:トカゲの島)
c0020452_10574652.jpg


今回お世話になったマイクボール社の船
c0020452_10575927.jpg


海岸からボートで移動(遭難しているわけではありません)
c0020452_1058114.jpg


3泊のクルーズ宿泊の始まり
c0020452_10582242.jpg


今回とってもお世話になった袋(ちびまるこちゃんは“きたろうぶくろ”と呼んでたっけ)
c0020452_2371936.jpg
「気分が悪くなって吐くときは、詰まるからトイレには吐かないでね。吐くんだったら、この袋に吐いて。この紙袋は、水に溶ける素材だから、吐き終わったら海に捨ててね。」と英語でブリーフィングを受ける。もちろん通訳していただきました。

でも、最終DIVINGが終わって打ち上げでシャンパンは飲んだ
c0020452_23171065.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2007-09-29 23:23 | 旅行記(DIVING)

決して忘れていた訳ではありません・その4

<クランダ観光鉄道に乗って>

帰りはここからスタート
c0020452_212864.jpg

c0020452_222188.jpg

c0020452_231698.jpg

中はこんな感じ(一応座席指定)
c0020452_10531671.jpg


列車から見える風景
c0020452_271572.jpg

c0020452_272913.jpg

ピント合ってません
c0020452_275299.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2007-09-29 02:09 | 旅行記(DIVING)

決して忘れていた訳ではありません・その3

<スカイレールに乗って熱帯雨林観光>

ケアンズからゴンドラに乗ってクランダへ
c0020452_1212312.jpg


ゴンドラから見える風景
c0020452_1284544.jpg

c0020452_1295875.jpg

c0020452_13189.jpg

c0020452_1394274.jpg

c0020452_1435457.jpg

c0020452_1364296.jpg


到着
c0020452_146865.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2007-09-29 01:49 | 旅行記(DIVING)

コアラは1日のほとんどを眠ってすごす

c0020452_11154686.jpg
でも起きてほかのコアラにちょっかい出してた。
ミニ動物園の入場料がA$15。
コアラと一緒に記念写真を撮るにはさらにA$15必要。


c0020452_11473698.jpg
入場料を払ったら、手にはんこを押してくれる。











もちろん、こ~んな動物や
c0020452_11504887.jpg



こ~んな動物
c0020452_11512227.jpg



こ~んな動物もいる。
c0020452_11531112.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2007-07-15 11:55 | 旅行記(DIVING)

食べたのは、ハッピーセット・オーストラリアバージョン

c0020452_0273191.jpg

日本で久しくマクドナルドを食べてないから、味の違いがよくわからんかったような…。
チーズバーガーとポテトとcoke。フィギアはドンキーだった。

今年の夏休みは、オーストラリアの世界遺産を潜る、グレートバリアリーフ・クルーズツアー。

海賊にはなれない、と初日に痛感

お風呂に入って、洗濯機を1回回して、お土産を整理して、やっとひと段落。
明日は朝から洗濯機を回したいが、台風4号の影響で1日雨のようだ。
あらら…。

旅行記はおいおいと…。
[PR]
by blue-umiusagi | 2007-07-13 23:45 | 旅行記(DIVING)

決して忘れていた訳ではありません

<Layang-Layang 番外編>


   マンタ
c0020452_17285398.jpg



   マンタの後姿
c0020452_17291459.jpg



   ジンベイザメ
c0020452_17293357.jpg



   ロイヤルブルネイ航空の飛行機
c0020452_17371474.jpg




   帰りの飛行機の窓から
c0020452_17384034.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2007-06-16 17:40 | 旅行記(DIVING)

ラヤンラヤンでは1日5食

それが5食入るんですのよ、奥さま。←って、誰だよ

7:00~  コーンフレークスや薄いトーストなどの軽食

8:00~  DIVING(1本目)

10:00~ 朝食

11:00~ DIVING(2本目)

13:00~ 昼食

15:00~ DIVING(3本目)

17:00~おやつ

19:00~夕食

バイキング形式になっている。
アルコールは有料。ラウンジにて販売。
確か17:00までだったら安かった。DIVING3本目が終って、17時までに購入すればお得。私たちがいたときは、Tiger beerが品切れだった。残念。


中華風がメインだけど、奇をてらったおいしさじゃなく、ふつーにおいしかった
食後のデザートもなかなかGOOD。
クッキーは部屋にお持ち帰りして、おさかな図鑑を愛でながら食べた。
パン・プディングやムース系、中華なデザートもあった。
c0020452_054776.jpgc0020452_064145.jpg

c0020452_014385.jpgc0020452_016471.jpg

c0020452_0204082.jpgc0020452_0212470.jpg









こちらは、17時のおやつ。けっこう人気で、すぐなくなる。
c0020452_0355146.jpgc0020452_0363919.jpg









そして、毎週日曜日はバーベキューをするそうだ。
私たちは、日曜日にラヤンラヤンを後にしたので、食べることはできず。残念。
でも、おいしいだろうな。

こちらは、昼食後ハンモックで休憩しているときに見た風景。
c0020452_0482638.jpg

[PR]
by blue-umiusagi | 2006-09-25 23:56 | 旅行記(DIVING)

行ってきたのは、ラヤンラヤン

c0020452_2075195.jpg

7月10日(月)~17(月)まで、夏休みだった(過去形)。
前日9日は、夜勤明け。結局、夜になって荷造りをし、寝たのが10日の3時頃。7時に起きて、電子レンジを捨て捨て。ありがとう、いままで働いてくれて。
で、行き先はラヤン・ラヤン
今回も、DIVIG SHOPのツアーに参加。過去にもツアーの企画があり、その都度申し込んでいたが、人数が集まらなかったり、SARSの影響でボツになった。今回、やっとツアーが実現した。

Layang Layang Island Resort については、こちら

c0020452_21514210.jpg今回は、ビジネス・クラス。関空では、搭乗時間までANAのラウンジで過ごした。ビジネス・クラスに乗るのも、ラウンジで過ごすのも初めて。ちょこっと、どきどき&挙動不審。
で、写真のウエルカム・ドリンク。飲んだのはTiger Beer。各座席に液晶モニターがある。このとき観たのは『子ぎつねヘレン』
映画を観たり、機内食を食べたり、仮眠したりして、着いたのはクワラルンプール(所要時間:約5時間半)。

ここから、国内線でコタキナバルへ向かう(関空発では、コタキナバルへの直行便がないため、クワラルンプールで乗り換えとなる)。クワラルンプールの空港で、入国手続きも済み、まずは両替。1リンギット=約31円なり。とりあえず、1万円を両替する。そのあと、出発まで、またラウンジで過ごす。 

搭乗して、またウエルカム・ドリンク。Tiger Berを飲みたかったが、どうやら国内線はソフトドリンクだけ。で、飲んだのは、オレンジジュース。
2時間半ほどで、コタキナバルに到着。23時に近かった。ほんとうなら、ここで迎えの車がきているはずなのだが、見当たらない。そうこうしているうちに、この便に乗っていた人たちはみんなハケでしまい、とうとう私たちだけになってしまった。
おかしい…。
空港にある現地旅行社に行くと、どうやら手違いがあったらしい。とりあえず、タクシーを呼んでもらい、ホテルへ向かった。

c0020452_21414095.jpgホテルに着いたのは、1時くらいだった。朝5時には、ホテルを出発しないといけない。シャワー浴びるのもめんどくさく、顔だけ洗って早々に眠った。飛行機の座席が、ゆったりしていてほんとうによかった。
そして、4:30に起きて身支度をし、空港へ向かった。



c0020452_2150818.jpgコタキナバル発ラヤンラヤン島着の小型飛行機(プロペラ機)。私たちのほかにも、何人か乗っていたので、これでも大きい方である。
うとうとしていたが、途中ですごく寒くなった。あとで、一番前に座っていた人から聞くと、どうやらパイロットが窓を開けてタバコを吸っていたそうだ。それで、すきま風が入ってきた。おい…。



c0020452_2254966.jpgそんなこんなで、ラヤンラヤン島に到着したのが、12日の8時を回っていた。暑いけど、日本みたいにじとっとしていない。部屋に行き、荷物を置いて朝ごはん。この日は、2本潜った。そして、5日間DIVINGして食べて、DIVINGして食べて、の日々となる。

<余談>
[PR]
by blue-umiusagi | 2006-08-07 23:13 | 旅行記(DIVING)

2泊3日宮古島DIVING

c0020452_20582770.jpg

関空からの直行便で宮古島へ。
宿泊施設はセイルイン宮古島
とりあえず荷物を置いて、雨の中「スーパーマーケット サンエー」に買出しに行った。
“ウェットスーツが入らなかったらどうしよう”という一抹の不安があったにもかかわらず、orionビールに手をのばした私。

なんとなくテレビをつけたら「山猫(完全復刻版)」をやっていた。
そのまま、「アカデミー賞ファッション・チェック」「みなさん、さようなら」を観た。
「山猫」「みなさん、さようなら」、どちらも映画館で観た作品。

「アカデミー賞ファッション・チェック」は、日本でいえば、おすぎやドン小西のような人たちがしゃべっているのだろう。コメントがうるさい。
章子怡もでてたけど、紹介するのはハリウッド俳優ばっかり。
でも、女優さんたちは目の保養になる。←ビール3本目に手を出して言うセリフではない
ユマ・サーマンのシャンパン色のドレスがすてきだった。
髪型もドレスに合っていた。せくすぃ~。
しかし、ああいう背中や胸の開いたお洋服(ドレス)って、どうみてもノーブラっぽいよな、やっぱりnubraかな・・・?と思いながらみていた。

翌日の天気は、曇りのち晴れのち曇り。
日焼け止めをしっかり塗ってDIVING。
気温も水温も大阪よりはるかに暖かいが、天気がもひとつだったこともあり3本目は寒かった。
今回、こちらのデジカメをレンタルしたが、水深10M以上で電源を入れると『ERROR』が出たため、ほとんど使い物にならず。
3本潜って、10枚も撮っていない。
ロウニンアジもカスミチョウチョウウオの群もドリー&ニモも、地形も、ホールから観た海の青さもなにも撮れず。
今回も酔い止めの薬を忘れたため、ボートの上で吐いた。
ツアー中“ボートに酔うから”といって朝ごはんを食べない人もいるが、私は食べる。お昼ごはんも食べる。
嘔吐する時に胃液吐くほどつらいものはなく、食物残渣を吐くほうがはるかに楽なので、私の場合は楽に嘔吐するために食べる。
ちなみに、飲んだ酒は吐かない。これは、酒飲みの鉄則。

ストライキをしやがったのため滞在が1日短くなり、DIVINGは1日のみ。
器材を洗ってホテルの屋上で乾かす(こちらのホテルは屋上に器材を乾かすスペースがある)。
映画を観にいこうと思ったが、出かけるのがかったるくなってきたのでビール飲みながらテレビのスイッチをぽち。
BS1でドキュメンタリーをしていた。
観ていて懐かしくもあり、ちょっとつらかった。

テレビもつけっぱなしで知らぬ間に寝ていた。
5時頃ふと目を覚ますと雨が降っていた。
器材が濡れる!
浴衣のまま屋上へ行き、器材を取り込む(干すスペースは屋根付だが)。
そして、もう一度入眠。

雨はずっと降っていた。
晴れていたら散歩に出ようと思ったが、結局チェックアウトまで、ダイビング器材を梱包したりテレビを観て過ごした。
帰りは、那覇経由で伊丹空港着となった。

<自分用土産>
c0020452_22264824.jpg

レトルトパウチのソーキの煮付け・島とうがらし・宮古島産海ぶどう
職場へのおみやげはお菓子(ちんすこう&モンテドールのバナナケーキ)だが、すべて「サンエー」で購入。
だって、空港で買うと空港料金で高いんですもの。

で、この海ぶどう。
取り扱いには少し注意を要する。
パックのまま常温(室温)で保管してください
 海ぶどうが白くなっている時は、透明な容器(フタ付)に入れて
 弱い光を当てると色は戻ります。
 蛍光灯の光では2時間ぐらいで戻ります。

冷蔵庫にはいれないでください
 この海ぶどうは生きており、冷蔵庫に入れると温度の変化に
 より萎んでしまいます。

直射日光を30度以上の高温と10℃以下の低温にご注意ください
 適温は20度から27度です。もし、寒さのため萎んでしまった
 場合には、食べる直前に水に浸けてもどしてください。

以前、海ぶどうを買ったときはここまで詳しく説明が書かれていなかった。
夏だったので、いくら常温保存でも締め切った部屋に置いといて痛んでもいやだったので冷蔵庫に保存して出勤したら、しっかり萎んでしまった。悲しかった。

さて、今回の大手航空会社・全日空のストライキは、8年ぶりだそうだ。
ちょっと思うことがあって、本で確認すると・・・・。

実は、
[PR]
by blue-umiusagi | 2006-03-26 23:43 | 旅行記(DIVING)